ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
Eraicon-Realworld


Assassin's Creed: Fragments – The Blade of Aizu[1] (French: Assassin's Creed: Fragments – La lame d'Aizu) とは2021年4月15日にフランス404 Éditionsから発売されたフラグメントシリーズと題される『アサシン クリード』ヤングアダルト新3部作の1つである。

幕末の日本を舞台しているこの作品は慶応3年(1867年)の英国水兵殺害事件(イカルス号事件)直後の8月から明治元年(1868年)10月の会津戦争までのシバ・アツコとその兄イブカの物語である。

概要[]

慶応3年(1867年)の国外勢力の影響を受けた日本は江戸幕府と倒幕派の対立は激化していた。テンプル騎士団は調停に潜り込み、アサシン教団の協力者である徳川慶喜を将軍とする幕府との戦争を起こそうと推し進めていた。武士の時代は終わりを迎えようとしていた。

会津藩の裕福な武家の娘として育ち16歳になった敦子は伝統に従い見合いを勧められていたが別の生き方を夢見ていた。イブカとともに武術に励んでいたアツコは藩内でも一目置かれる使い手の兄にも劣らない実力を持っていた。

しかし二人の兄妹はある秘密を抱えていた。イブカは一人前の武士としてひとたび戦となればglorious era of the Samuraとともに馳せ参じる義務があるが、戦いを恐れていた。

その才能を誇示することを望んだアツコは男装し幕軍に加わり、兄の様子を見守る[1]

現実との相違[]

  • ジュール・ブリュネフランス第三共和政に支えているとされているが、1870年までフランスは第二帝政である。
  • 松平容保は会津戦争後に斬首に処されたとされているが、戦後は東京に蟄居し25年後の1893年に死亡している

参考[]

Advertisement