Fandom


Era-ACiEraicon-Assassins

陰摩羅鬼組(Onmoraki-Gumi)日本大阪に存在するアサシン教団に取り込まれた暴力団である。

歴史編集

2013年 陰摩羅鬼組は大阪支部のアサシンに攻撃をしかけ、モチズキ・ケンイチを含む何名かを殺害。ケンイチの残された妻モチズキ・サエコの率いる大阪教団残党の報復にあいトップを殺され、組を乗っ取られる。サエコとアサシンは教団とヤクザは影から人々を救うという同じ役割を持っていると信じ、街に紛れる手段として陰摩羅鬼組を使い始めた。

12月4日 アルタイルIIが大阪に到着すると、大阪教団の元隠れ家が破壊されているのを発見する。彼らはその原因は陰摩羅鬼組にあると疑い調査を開始する。

12日 エマニュエル・バラッザは金の流れから組の新たな拠点を突き止める。

17日アサシンの指導者ギャヴィン・バンクスと共に真実を突き止めるためそこへ向かった。

18日誤解からタカクラ・キヨシとの衝突はあったが、サエコとの接触して何が起こったのかの説明を受けた。

Reference編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。