FANDOM


Eraicon-AC4Eraicon-Realworld

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

自由の叫び(Freedom Cry) Assassin's Creed IV: Black Flagのシングルプレイヤーのダウンロードコンテンツである。DLCは2013年12月7日にPSNとXbox Live向けにリリースされ、12月19日にPC向けにリリースされた。このコンテンツは、シーズン・パスの購入または単体購入で入手でき、そのストーリーは1735年から1737年までにわたっている。[1]

Assassin's Creed: Freedom Cry というタイトルのスタンドアローン版は2014年2月18日にPSNで、2月25日にPC向けにリリースされた。 このバージョンでは、Assassin's Creed IV:Black Flagを所有せずにゲームをプレイできるようになり、ダウンロード可能な1本のタイトルとして機能する。[2]

概要編集

カリブ海のテンプル騎士団の活動を傍受しようとしている最中に、アドウェールはハイチの海岸に漂着する。ポルトーフランスへの道中でテンプル騎士団がバスティエンヌ・ジョセフィと協力していること、地元の媚館の所有者でマルーンへの支持者であるオーガスティン・デュフォールが率いる解放奴隷で構成された自由闘争家の派閥の存在を知る。アサシン教団の掟にもかかわらず、アドウェールはその原因に同情的になり、奴隷取引を中断させるためにマルーンに参加しエクスぺルト・クレーデ号を乗っ取った。

バスティエンヌのために働いている間、アドウェールはポルトープランスを支配するフランス総督の陰謀を明らかにするために動き始める。ピエール・デ・ファイエ総督は地球の湾曲を測り地理データを集めるために、極秘の科学的探検を予定する。そしてデータを海軍の優位性を約束して最高入札者に売るつもりだった。アドウェールはマルーンの読み書きができる奴隷による探検隊を読み書きができない奴隷に変えることで探検を秘密裏に妨害した。

アドウェールが奴隷貿易をさらに襲撃をしたとき、マルーンの中で緊張が高まり始める。バスティエンヌは、ファイエが奴隷制によって捕まった人々を罰として傷つけるだけだと反対する。アドウェールは彼女を無視するが、奴隷がマルーンに加わるのを防ぐために非武装の奴隷船であるフリゲートが燃え上がるのを目撃したときに恐怖を感じた。アドウェールは奴隷船に乗り込み、船が沈没する前に数人の奴隷を溺死から救うために努力する。彼は報復を計画するが、バスティエンヌは報復をするとマルーンの運動を弱めることになると警告する。もしアドウェールがファイエを殺すならば、彼は正義の代表として行動しなければならなかった。

知事の邸宅を襲撃し、街で彼を追いかけ地元の番兵と戦ったアドウェールは、奴隷は自己統治ができずわずかな挑発で武装蜂起すると主張するデ・ファイエを追い詰めて倒す。アドウェールは奴隷や監督者の誰も彼の救いに来ておらず、代わりに死なせるのだと指摘する。 ファイエを殺した後、アドウェールはポルトープランスを良い状態に保つと約束したバスティエンヌの所に戻る。しかし、自称解放者よりも、抑圧された人々を救うために新しい信念を使うと約束をする。

メモリー編集

  1. 嵐の前の静けさ
  2. 共通の敵
  3. 最初の一歩
  4. 自分の船
  5. 露見した秘密
  6. 学者の研究
  7. 種撒き
  8. 船と共に
  9. デ・ファイエの最後の戦い

製作チーム編集

Black Flagの大部分とは異なり、自由の叫びはJill Murrayによって書かれ、サウンドトラックOlivier Derivièreによって構成された。[3]

トリビア編集

  • インタビューで、Ubisoftは自由の叫びに次作のアサシンクリードゲームのヒントが含まれると述べた。[4]
  • スタンドアローン版では、オープンワード内を航海している間に船乗りの歌は再生されない。

ギャラリー編集

リファレンス編集

テンプレート:FC

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。