Fandom


Eraicon-AC1Eraicon-BloodlinesEraicon-AC2Eraicon-BrotherhoodEraicon-RevelationsEraicon-AC3Eraicon-Secret CrusadeEraicon-RenaissanceEraicon-Brotherhood bookEraicon-Revelations bookEraicon-ForsakenEraicon-Templars

30pxウィキペディアのロゴ



Knights

The emblem of the Templar Order

総長(Grand Master)または支部長と訳される肩書を持つ者はテンプル騎士団の最高位で騎士たちに対する命令、指揮系統の全権を握っている。was the

以前はアサシン教団導師と対照的に、公の場にも存在を明らかにしていた。しかし、後にテンプル騎士団は公には解散し裏の組織となったのでその存在を一般の人々が知ることはなかった。

一般的に総長は西洋貴族が務めた。それは中世から表の組織で傑出した功績を通して騎士団を発展、多様化さた人物が総長を務めるが故の事だった。

While it was commonly assumed that all Templar leaders were drawn from the stock of Western nobility, due to the prominence of the front-organization that was the Knights Templar during the Middle Ages, the truth was that as the Order developed, diversified and relocated, many different people of various racial backgrounds and cultural heritages had assumed the mantle of Grand Master throughout the Templars' longevity.

歴史編集

中世編集

1128年 最初の総長として知られる人物ユーグ・ド・パイヤンは神学者クレルヴォーのベルナルドゥスと共に騎士団の行動指針の描かれたラテン語会則として知られる文書を作成する。次の年それは騎士団を通して広まった。

1191年 ロベール・ド・サブレは十字軍に参加し、聖地に到着すると2年間空席だった総長の地位に就く。そしてエデンの果実特にエデンのリンゴを探し求めた。リンゴを奪われた彼はアサシン教団の本拠地マシャフに攻撃を仕掛ける。その後アルスーフの戦いの折ライバルのアルタイルに倒される・[1]

ロベールの死後騎士団はキプロス島へ撤退し総長の座はアルマン・ブシャールに引き継がれた。しかし、彼を追ったアルタイルと騎士団の秘密の保管庫で戦い、騎士団はまたも総長を失った。 .[2]

14世紀初頭 フランスフィリップ4世はアサシンの知らぬうちに影響を受け、騎士団に対して陰謀を企てた。その結果騎士団は異端者の烙印を押され数百人の最後の総長ジャック・ド・モレーが捕らえられ騎士団は解散する。しかし、それは表向きの事でモレーは自ら火刑の処される事で解散したように見せかけ、裏の組織として存続させた。モレーは死の直前最も信頼できる9人の部下を世界に送り出した。[3]

ルネサンス期編集

1476年 ローマ、ヨーロッパの騎士団は教皇シクストゥス4世の部下で枢機卿のロドリゴ・ボルジアが率いていた。彼の主な目的はイタリア全土を統一することにあった。[4] しかし、その頃のイタリアの騎士団は理念を失いロドリゴの権力を維持、拡大する為の道具として扱われていた。[3] 1492年アサシン、エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェの再三の介入にもかかわらず、ロドリゴは枢機卿たちを買収して教皇アレクサンデル6世となった。[4]

ロドリゴは騎士たちに教会の後ろ盾を与え、イングランドやスペイン等ヨーロッパ全土の騎士団の進捗状況をヴァチカンから監視していた. 1500年 ロドリゴは気力をなくし息子のチェーザレ・ボルジアが事実上の総長となり騎士団の指揮権を手にした。[5]

1503年8月 父ロドリゴを殺した後、チェーザレは正式に総長に就任した。[6] 父と違いチェーザレは教会の後ろ盾を持たなかったが騎士団のヨーロッパでの影響力はロドリゴが総長を務めた時代のそれと変わることがなかった。しかし、教皇にユリウス2世が就任するとチェーザレは投獄され領地は没収されてしまった。 チェーザレは脱獄しスペイン、ナヴァラのフアン3世のもとへ逃亡するが1507年ナヴァラの包囲の時追ってきたエツィオによって殺される。[5] この結果に騎士団の影響力は削がれヨーロッパから一時撤退することになる。[7]

海賊の黄金時代末期編集

18世紀までには総長はその地域での最高位テンプル騎士が受ける称号になっていた。 日本語訳では総長ではなく支部長と訳された。

1715年 

アメリカ独立戦争期編集

ヨーロッパの総長は表向きはイギリス人実業家のレジナルド・バーチが務めていた。彼は新大陸の英国植民地で騎士団を導き、影響力を拡大させるためヘイザム・ケンウェイをアメリカへと送った。ヘイザムはアメリカでバーチが集めた騎士たちと合流しそのトップに立って植民地騎士団の総長となる。 1754年 ジョージ砦攻撃の際ヘイザムはコナーに倒された後、チャールズ・リーが総長となる。コナーを殺すことに失敗したリーはイギリスに逃げ延びようとするが、酒場でコナーに殺される。



現代編集

20世紀 1937年創始者たちはテンプル騎士団のフロント企業アブスターゴ社を創業し、騎士団の中枢を会社の重役にし、[8]会社のトップの地位に総長が居る。[9]

総長として知られている人物編集

出展編集

  1. 1.0 1.1 アサシンクリード
  2. 2.0 2.1 アサシンクリード ブラッドライン
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Assassin's Creed Encyclopedia
  4. 4.0 4.1 4.2 Assassin's Creed II
  5. 5.0 5.1 5.2 アサシンクリード:ブラザーフッド
  6. 6.0 6.1 アサシンクリード血盟
  7. アサシンクリード:リベレーション
  8. Assassin's Creed: Revelations - Abstergo Files
  9. Assassin's Creed: Brotherhood - Rifts
  10. 10.0 10.1 10.2 アサシンクリード3
  11. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「ACU」という名前の引用句に対するテキストがありません
  12. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「ACS」という名前の引用句に対するテキストがありません
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。