ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

小結

午前7時 入門者スパイはアルタイルIIで更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:

ウィリアム・マイルズ:さあ、ノーダル君の暗く深い秘密は何だ?

ノーダル・ニニッゼ:  まあ、秘密ってわけでもないけど、相撲取りをやっててね。


ウィリアム・マイルズ:これは… 予想外だな

ノーダル・ニニッゼ:  俺はでかくて戦うのが好きで、なかなかうまくいってた。

ウィリアム・マイルズ:なんで辞めたんだ?

ノーダル・ニニッゼ:  政治腐敗とマズいシチュー
                     相撲は両方共ダメだった。
           そんな時、家族を思い出して戻ったジョージアで弟の戦いを見たんだ。

ウィリアム・マイルズ:兄弟はチェチェンの反政府軍と戦っていたな。

ノーダル・ニニッゼ:  違う!
That's just it. Our group weren't rebels in that sense. 
Rather, we were a collection of fighters from all sides, Russian, Georgian, Chechen, who saw strings being pulled from
very high levels. 

ウィリアム・マイルズ: You didn't fight for any political cause, but peace itself.

ノーダル・ニニッゼ: We tried our best.
When we met Gavin, we saw that the strings were connected to a web that wrapped around the world. We had found our cause.
Advertisement