ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

アブスターゴが失った天才[]

午前7時14分 入門者スパイはアルタイルIIから更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:

エメット・リアリー:  You mind if I blaze this, man? 
           It's for my arthritis, you know?

ウィリアム・マイルズ:Fine. 
           アブスターゴ社で働いていたことがあるな? 

エメット・リアリー:  代用計画で遺伝子記憶を読み込む技術のソフトエンジニアをやってた。


ウィリアム・マイルズ:何故辞めたんだ?

エメット・リアリー:  計画が潰れた後、アニムス計画ウォーレン・ヴィディックが誘いに来たが断ってやった。

ウィリアム・マイルズ:どうしてだ?

エメット・リアリー: 良くないことをヴィディックが始めようとしてるのを最初から知ってたからさ。
           見りゃ狂ってんのがわかる。だろ?
                    全部のNDAにサインして大量の退職金をもらって、会社を辞めた。
            これでゆっくり出来ると思ったんだが

ウィリアム・マイルズ:だが

エメット・リアリー:  だけど、アブスターゴだぜ?
                     あいつらが俺を捕まえそうな予感が拭えなかったんだ。
So I started writing down, like, everything I had on them. 

ウィリアム・マイルズ:それからギャヴィンにあった。

エメット・リアリー:  ある夜、目覚めるとベットの足元にアゴヒゲの白人が立ってたんだ。
           悪夢かと思ったぜ!
                     それから、印のない車がうちの前に止まって、中からチンピラがどっと出てきたんよ。
           質問もできなかった。

ウィリアム・マイルズ:アブスターゴがお前を捕まえに来たのは被害妄想じゃないな。

エメット・リアリー:  その通り!
           質問もせずにギャヴィンについていったよ。
I ran out of my place in the middle of the night wearing just my fucking tighty-whities. 
           すぐに俺が死んだって報告が出回った。
                     それからずっと一緒に逃げてんだ。

ウィリアム・マイルズ:いろんなハッカーとつながりがあるが「入門者」の事を聞いたことは?

エメット・リアリー:  デジタルスペースじゃ政府、軍隊、アブスターゴにエルディートでさえ目を離さなかったんだ
           そんな名前一度も聞いたことない、誓うよ。
           信じてくれるよな?
Advertisement