ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
Eraicon-Revelations


Mediterranean-defense-map

Mediterranean Defense's menu

The Mediterranean Defense was a collection of strategic contracts given to Assassin apprentices in Constantinople during the Renaissance. Coupled with the direction of Ezio Auditore da Firenze, the defense of the Mediterranean proved critical not only to the recruits' development but also to the expansion of the Assassins' knowledge and influence in the region.

History[]

During the early 16th century, the Assassin Brotherhood – under the direction of Ezio Auditore, the Mentor of the Italian Assassins who happened to be visiting Constantinople at the time – sought to expand its influence throughout the Mediterranean; considering this, they began to send apprentices and recruits to usurp cities controlled by the Templar Order. Their exploits ranged from simple acts, such as protecting merchants and officials who were loyal to the Brotherhood or against the Templars, to greater plots involving assassinations and freeing jailed allies. Some special requests, specifically the survey requests of Piri Reis, involved the Assassins traveling to certain cities and mapping the area.

On the defense 1

Ezio meeting with Dogan

Many of these cities were eventually freed from Templar rule and came under Assassins' control. However, a constant danger in the possibility of Templar reprisal remained at hand. As such, the contracts needed to be completed regularly to maintain the Assassins' control of the city, though should their grip on the locations fall too low, the Templars would attempt a reclamation of the city, forcing apprentices to rally a defense.

The Brotherhood took special care to improve the standard of living in these regions by improving daily income and providing many opportunities for their newly liberated citizens. The apprentices who were sent on these missions gained experience, and the Assassin Order gained funds to further their operations, as well as regular benefits and bomb ingredients. After a local guild was established, certain apprentices from Constantinople could also be assigned to become permanently based in one of the cities. There, they provided protection and solidified the Brotherhood's goals more directly.

ミッション概要[]

<記憶の封印>、パートI

アレクサンドリア図書館の遺跡を発掘していたマルムーク朝の兵士が、紀元前331年と記された箱の中から第一文明の<記憶の封印>を2つ発見した。彼らの兵舎に侵入し、封印を手に入れるのだ。

<記憶の封印>、パートII

テンプル騎士団が<記憶の封印>を奪還しようと攻撃を開始した。本部を守り、封印の謎の解明にあたっている同胞を守るのだ。彼女を失うことは許されない。

<記憶の封印>、パートIII

第一文明の<記憶の封印>を取り戻し、解析を始めようとした矢先に、待ち伏せしていたテンプル騎士団によって<記憶の封印>はまたも奪われてしまった。同胞を集め、<記憶の封印>を取り戻せ。必要ならすべての同胞を動員しても構わない。

消えた大導師
偉大なるアルタイル・イブン・ラハドの系譜に連なる導師イスカンダルが、何の説明もなく逮捕、監禁された。処刑が2日後に迫っている。導師の居場所を突き止め、助けだすのだ。

すべての臣下、パートI

スペイン王が、支配下にあるアルジェリアサミス・エル・フェリペを幽閉した。堅固な牢に閉じ込められた王を救出することは困難でも、何かしらの連絡手段は確保できるはずだ。何とかして王と連絡を取らねば。

すべての臣下、パートII

前王サミス・エル・フェリペから、悪名高いハイレディン・バルバロッサの助けを借りてもよいとの許可を得た。目的はこの地域におけるスペイン精力を縮小させることだ。
「赤ひげ」バルバロッサに必要な援助を提供するのだ。

すべての臣下、パートIII

アルジェにおけるスペインの影響力が幾分弱まったことで、オスマン帝国の皇子コルクートは、マルムーク朝のスルタン、アル=アシュラフと手を結ぼうと画策している。そうすれば、兄弟であるセリムやアフメトに自分も何らかの影響力をおよぼせると考えたのだろう。コンクリートとアル=アシュラフの会談を偵察し、コンスタンティノープルのアサシンに報告するのだ

救いの手
アルジェリアのアミール。セリムから提案があった。彼の支配地におけるアサシンの活動を黙認する代わりに、スペインに占領されているペニョン島に住むムーア人を保護してほしいというのだ

小公子

バヤヅィト2世の三男で最も暗愚な子と言われているコルクートがテンプル騎士たちに捕らえられ、ブルサに幽閉されている。アサシンの一隊を派遣してテンプル騎士たちを一掃し、皇子を救出するのだ。

金の行方、パートI

我々の協力者である慈善家のトルクメニスタン人が襲われた。今、彼は身を隠している。家族をコンスタンティノープルに逃がし終わるまで彼の身辺を警護するのだ。

金の行方、パートII

残念ながら、慈善家の家族はテンプル騎士団に捕らわれてしまった。奴らは身代金を要求している。救出部隊を編成し、何としても救い出すのだ。

金の行方、パートIII

家族の救出に成功したばかりか、我々は新たな事実を突き止めた。今回の誘拐事件の黒幕は慈善家自信だったのだ。彼はアサシンから金を奪うため、家族を危険にさらしたのだ。彼を見つけ出し、始末しなければなるまい。

金で買える法律
ブルサに駐屯するイェニチェリ軍団は腐敗しており、賄賂と引き換えに中央から来た大臣への口利きをしている。見過ごすわけにはいかない。堕落した兵士を始末するのだ。

一般市民のために、パートI

オスマン帝国の支配下にあるアテネでは、同胞が一般市民の信頼をつなぎ止めるのに苦慮している。アサシンは国家のためではなく、一般市民のために戦うことを彼らに納得させなければ

一般市民のために、パートII

スルタンの厳命にもかかわらずオスマンの兵士たちが金持ちの家を略奪している。彼らの手から人々を守るのだ。反撃に対する準備を怠るな

一般市民のために、パートIII

オスマン軍の兵士たちが略奪を行っていたのはテンプル騎士団が戦利品を高く買っていたからだった。アテネのテンプル騎士団をまとめている者を見つけ出し、始末するのだ。

第一文明の問題
第一文明の技術を示す遺物の痕跡が、アクロポリスの地下にある墓所で発見された。我々の学者が本格的な調査を開始するまで、その場所を守るのだ。

ヒドラの頭、パートI

オスマン帝国軍がダマスカス北方の街道を封鎖したため、待ちの北部で物流が滞っている。我々とオスマン帝国との間には休戦協定が結ばれているが、今回は一般市民に味方しなければなるまい。いかなる手段を使っても、オスマン軍を撤退させるのだ。

ヒドラの頭、パートII

サファヴィー朝の群生が街の北部を占領しているにもかかわらずマルムーク朝にはそれに対抗しようという動きが見られない。両者は結託しているのかもしれない。サファヴィー朝軍の野営地に密偵を送り込み、真相を探りだすのだ

ヒドラの頭、パートIII

情報によると、サファヴィー朝とマルムーク朝は、数ヶ月以内にブルサを共同で攻撃するつもりらしい。現在、サファヴィー朝軍の本陣はダマスカスにあり、将軍たちはスルタンであるアル=アシュラフ・カーンサウフ・アル=ガウリーの個人的な客として扱われている。サファヴィー朝軍の将軍たちを暗殺し、指揮系統を崩壊させるのだ

レベルアップ
ダマスカスの訓練施設の質は良くもなく、悪くもないが、もっと良くすることは可能なはずだ。地元のテンプル騎士団の幹部たちに「資金援助」を頼んでみるのも悪くはないだろう。なに、断られたら黙っていただくまでのことだ

大義ある反乱、パートI

フランスはジェノヴァを占領し、南方遠征や東方遠征の拠点にいている。ジェノヴァの一般市民がこれを快く思うはずがない。密かにフランス軍を弱体化させるのだ。

大義ある反乱、パートII

フランス軍の弱体化に乗じてジェノヴァ軍の隊長、アンドレア・ドーリアが一般市民による反乱を計画している。人員と武器を提供し、彼を支援するのだ。

大義ある反乱、パートIII

ドーリアの反乱は大成功とは言いがたく、彼の名はジェノヴァを支配しているフランス人たちに知られるところとなった。ドーリアを保護してジェノヴァから脱出させなければ

不正融資
腐敗したジェノヴァの銀行家が、強盗にあったと言ってはフランスに金を流し続けている。この悪党を始末するのだ。

平和の仲介者、パートI

エルサレムには100年以上もアサシンギルドがないままになっている。まず何が可能か考え人材の勧誘に着手しなければ

平和の仲介者、パートII

マルムーク朝は我々の勧誘活動が気に入らないらしい。アサシンの勢力が拡大するのを恐れた彼らは、見せしめとしてムジール総長[1]を逮捕した。誰一人傷つけることなく、手際よく総長を救出するのだ。そのような脅しが通用しないことを彼らに示さなければ

平和の仲介者、パートIII

血気盛んなシパーヒーが巡視中だったマルムーク朝の騎兵と騒ぎを起こした。事態が悪化する前に、智恵者のアサシンを派遣して和解させるのだ。話し合いによる平和の大切さを双方にわからせなければ

十字架の陰に
教団を裏切った者が昇天教会の近くに身を隠している。教会に集まる群衆に紛れて裏切り者が姿を現すのを待ち、捕えよ。生死は問わない。

植民地、パートI

昨今のポルトガルによる植民地拡大に力を得たテンプル騎士団は、はるかインドまで「宣教師」を送り始めた。この活動に関する情報を収集し、奴らの動きを明らかにしなければ。

植民地、パートII

信心深くお人好しのポルトガル王、マヌエル1世は、宣教師による布教活動に多額の資金を提供している。その金がテンプル騎士団のために使われているとも知らずに、この金を奪いもっとましな目的に使わせてもらうとしよう

植民地、パートIII

テンプル騎士団の海外布教活動の責任者はフランシスコという名の船長だ。リスボンで彼の船に乗り込み、海上で始末しなければ。

探検熱
ポルトガルの有力者が、探検家を集めて小さな組織を作り上げた。所属する探検家は、自分たちが集めてきた情報を高額でテンプル騎士団に売っている。テンプル騎士団の資金力には到底かなわないが、我々には金以外に情報を手に入れる手段がある。それを使うのだ

砲弾の餌食

トレドの有名な鍛冶屋たちが、テンプル騎士団に炉を奪われ、マドリッドに逃げてきた。部隊を編成し、鍛冶屋たちの財産を取り戻すのだ。

命令に従うのみ、パートI

異端審問長官シスネロスは、前任者達の悪しき習慣を継承し、無実の罪でアサシンを迫害し続けている。最近、枢機卿が立て続けに殺されたがその犯人も我々だという。真犯人を捕まえて法の裁きを受けさせなければ。

命令に従うのみ、パートII

調査によると、テンプル騎士団内の狂信的なグループがフェルナンド王の殺害を計画しているらしい。目的はアラゴン、カスティーリャ両王国の分断だ。何としても王を守りぬかなくては

命令に従うのみ、パートIII
フェルナンド王の安全は確保したが、王は依然として国内にくすぶる危険には気づいていないあるいは見て見ぬふりをしているのか。今こそマドリッドで暗躍するテンプル騎士団の幹部たちを見つけ出し、始末しなければ

遺物の鑑定

噂によると、ある豪商が第一文明の遺物を持っているらしい。豪商の屋敷に忍び込んでその異物を手に入れ、どれほどの価値があるものか鑑定するのだ。

名を何と呼ばれようともI

マルセイユフランスから分離独立するのではという不安を一掃するため、ルイ12世は街からアサシンを排除することにした。フランス軍による教団駆逐の試みを阻止するのだ。ただ、暴力に訴えてはならない

名を何と呼ばれようともII

地下に潜伏しようとしていた我々の努力は功を奏した。次は組織の再建だ。疲弊したフランス軍から不満分子を勧誘し、新たなアサシンとして育て上げるのだ。

名を何と呼ばれようともIII
さらなる調査の結果、ルイ12世にはテンプル騎士団の相談役がつき、アサシンに対する王の評価に悪影響を与えていることがわかった。宮廷から敵の回し者を一掃するのだ

ホスピタル騎士団、パートI

数人のアサシンがホスピタル騎士団に捕らえられ、騎士団総長の館に閉じ込められている。救出部隊を編成し、彼らを奪還するのだ。

ホスピタル騎士団、パートII

大半のアサシンは救出したが、マスターアサシンカストールは、さらなる尋問のためにアタヴィロス山頂付近にある秘密の施設に連れ去られてしまった。ひそかに一隊を調査し、地図を作るのだ。

ホスピタル騎士団、パートIII

マスターアサシン・カストールはホスピタル騎士団に殺された。もはや目立たぬように行動する意味は無い。アタヴィロス山を襲撃し、騎士団の施設を破壊するのだ。

瓦礫の中で
ロードス島沿岸に点在する村々の教会が海賊に略奪されている。村人が信仰の場を守り、再建する手伝いをしなければ、

爆破の達人、パートI

爆弾づくりの達人、ペドロ・ナヴァロを探し出して彼の発明に関する情報を買い取ると同時に、彼に保護を申し出るのだ、

爆破の達人、パートII

我々と接触した後、ペドロ・ナヴァロが誘拐された。おそらくテンプル騎士団の仕業だろう。ペドロを見つけて助けだすのだ。

爆破の達人、パートIII

無事に救出したペドロの話によると、トリポリのテンプル騎士団はロードス島から指令を受けているとのことだ。彼らの補給路と通信手段を絶ち、待ちから追い払え

急がば回れ
トリポリで聖ヨハネ騎士団が要塞や城を築き、防備を強化している。人夫に紛れ込、先々アサシンが侵入しやすいように建築物の構造に細工を加えるのだ。

品物とサービス、パートI

ハフス朝君主、ムハンマド4世は、地元のテンプル騎士団から賄賂を受け取り、市場への物資の供給を妨害している。テンプル騎士団に認められた商人だけが自由に商売できるのだ。この賄賂を盗み出し、一般市民に還元しなければ

品物とサービス、パートII

ハフス朝の王は、一般市民ではなくテンプル騎士団の都合に合わせて農作物を出荷させている。農民を守り、王の命令で作物を接収している者を始末するのだ。

品物とサービス、パートIII

チュニスの停滞した経済を復活させるため、地元の指導者たちがヨーロッパの商人と会って交易協定を結ぶ予定になっている。指導者たちに付き添い、彼らの安全を守るのだ。

見て見ぬふり
腐敗したハフス朝の大臣たちは、テンプル騎士団から賄賂を受け取り、商取引に関する規制を緩めている。腐敗した大臣たちを始末し、汚職の代償が高くつくことを思い知らせるのだ

Trivia[]

  • Rhodes was only unlocked in Mediterranean Defense after playing a multiplayer match on each map in the city, namely Knight's Hospital, Souk and Ippokratous.
  • The achievement "Armchair General" could be earned by controlling all of the Mediterranean cities (except Rhodes) simultaneously.
  • Some Mediterranean Defense missions had a reward of automatically recruiting one apprentice into the Order, though this was only valid if Ezio had vacancies in his roster.
  • Managing Assassin Guilds increased the percentage-of-control capacity of the city. A city with no Assassins garrisoned had a percentage-of-control capacity of 50%. The maximum amount of Assassins garrisoned permitted was 5, where the percentage-of-control capacity was raised to 100% when a city's garrison was staffed by fully-trained Assassins. Placing 5 low-ranked Assassins in a city yielded a percentage-of-control capacity spanning from 50% to 100%.
  • Every 20 minutes, at the same time as Ezio received a revenue deposit at the banks from city renovations, all of the cities lost a random percentage of Assassin control or gained the same in Templar control if relevant. If that percentage reduced Assassin control to 0%, the Templars would lay siege to the city.
  • Some city missions required a specific fighting style from an Assassin recruit to be assigned as the first Assassin of the operation. There were four types, each signified by a symbol near their rank number: a crossbow, a heavy weapon, a short blade, or the Hidden Blade.

Reference[]

  1. ママ
Advertisement