Fandom


(カテゴリを追加)
68行: 68行:
 
==参照==
 
==参照==
 
{{Reflist}}
 
{{Reflist}}
  +
[[カテゴリ:組織]]
  +
[[カテゴリ:アサシン教団]]

2012年10月15日 (月) 20:41時点における版

DYL作品アイコン-Embers作品アイコン-Assassins

中国のアサシン
中国
組織情報
本部

北京

場所

中国東方

関連団体

Assassins

歴史
発足

紀元前210年頃

解散

1524

捕捉
主要メンバー

ウェ・イユー
ファン・ジャオルー
リ・トン
ユン・シャオ


中国のアサシン中国にある数少ない1000年以上続くアサシンの支流のである。

テンプル騎士団に担ぎ上げられた皇帝の対処に当たっていたが、中国のテンプル騎士団は大きな力を持ち、しばしば苦境に立たされていた。

1524年, 教団は嘉靖帝の発した冷酷な大粛清の命令により壊滅に追い込まれ、生き残った者達は他の支部へ助けを求めた。

歴史

始皇帝暗殺

紀元前三世紀 嬴政はテンプル騎士団の支援を受け彼の旗の下中国を統一、秦王朝を開き秦の始皇帝となった。

しかし、紀元前210年 教団の中で最も高名なアサシンウェイ・ユーの槍によって暴君始皇帝は暗殺された。[1]

永楽帝の粛清

ChineseAssassinsEscape

粛正から逃れたリ・トン

15世紀 中国のアサシンは導師ファン・ジャオルーに率いられていた。1402年皇位はテンプル騎士団に担ぎ上げられた永楽帝に簒奪され、彼の支配下でファン・ジャオルーを含め何千ものアサシンが殺さた。しかし、リ・トンという名の若き見習い女アサシンはエデンの果実と共にその粛清から逃れた。彼女は永楽帝の手からリンゴを守る事に一生を捧げることとなった。

By the 15th century, the Chinese Assassins were led by the teacher Fang Xiaoru. In 1402, the Imperial throne was usurped by Yongle, supported by the Templars. Under Yongle's rule, thousands of Assassins were rounded up and executed, including Fang Xiaoru. However, a young female Assassin named Li Tong and an Assassin apprentice were able to escape the purge with an Apple of Eden. This caused Li to devote herself to protecting the Apple and keeping it out of Yongle's hands.[2]

1424年 永楽帝は反乱を鎮圧しにモンゴル付近ゴビ砂漠に出向いたところ、テントに飛び込んできたリ・トンの手により暗殺される。[2]

教団の没落

1521年 正徳帝の死後、後継者探しで混乱状態の王室にアサシンが妾を救うために侵入。まだ多くの妾が残されたままではあったが、その過程でユン・シャオという若い女が教団へ加わった。[3]

1524年 新皇帝、嘉靖帝は反抗するものを皆殺しにすべくテンプル騎士団の力を借り大粛清を行った。結果アサシン教団は壊滅状態に追い込まれた。[3]

残されたアサシン達は西へと逃れ、ユン・シャオと彼女の師はイタリアへ向かう。たどり着いたヴェネツィアで嘉靖帝の放った追手に見つかり、彼女の子は殺されてしまった。旅を続けたユン・シャオはトスカーナで、引退したイタリア教団の大導師エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェと出会う。

ユンに小箱を渡すエツィオ

出発前のユンとエツィオ

彼女の望みと裏腹に、65歳となったエツィオはユンを助ける事を嫌がっていた。 その後、中国のアサシンの運命を知り彼はユンを助けることに決めた。

エツィオに知識と思い、万策尽きた時に開くようにと小箱を託されたユンは教団を立て直すため中国へと向かった。[4]

技術

中国のアサシンが使用する技術は他の支流とは大きく異る。

最も顕著なのがヨーロッパ[1]中東[4]で頻繁に使用する アサシンブレードを使わないことである

その代わりに、中国のアサシンは手甲に針を装備している。手の近くに位置しアサシンは一気に複数の針を投げることができる。[4]

ユンの足からナイフ

隠しナイフを使うユン

そして、靴に忍ばせた刃は頻繁に足技を使う彼らにとって都合のいいものだった。[4]

後にイタリアから戻ったユンに開発されたローツダーツを使うことになる。[5]

外見

アサシンのローブを常に着ることはなく、普通の服を着てアサシンだとは認識させなかった。[1][2]

常にフードを被るのはヨーロッパではルネッサンス期の最盛期まだった。[4]

ユン・シャオは黒色のローブを着用していたので、白である必要がなかった

The Assassins' robes did not always meet normal Assassin customs. On many occasions, Assassins wore ordinary Chinese clothing, making them hardly recognizable as Assassins.

It was only during the height of the Renaissance period in Europe that the Chinese Assassins ordinarily wore hoods; despite this, the Assassins did not necessarily wear white, as Shao Jun wore black Assassin robes.

参照

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。