FANDOM


作品アイコン-AC3

30pxウィキペディアのロゴ


バンカーヒルの戦い

レキシントン・コンコードの戦い
戦争

アメリカ独立戦争

年月日

1775年4月19日

場所

マサチューセッツコンコードレキシントン

結果

愛国派の勝利

交戦勢力
指揮官

レキシントン・コンコードの戦い(Battles of Lexington and Concord) アメリカ独立戦争最初の戦闘である。 1775年4月19日 英国正規軍愛国派の隠し持っている武器や物資の破壊のためボストンから行軍を開始する。 

しかし、愛国派は計画を知り正規軍との最初の戦闘に勝利するために地元民兵へ警告を伝えにポール・リビアウィリアム・ドーズを含む何人は馬を走らせた。

前兆編集

ジョン・ピトケアンがレキシントンとコンコードの武器と物資を破壊するための攻る準備をしていることを愛国派のサミュエル・アダムズジョン・ハンコックは察知する。 ポール・リビアに助けを求められたアサシン、コナー・ケンウェイはピトケアンが関与していると知ったため要請を受け入れた。

リビアはチャールズ川を渡り、ウィリアム・ドーズは陸路で民兵たちに警告を伝えに行った。ロバート・ニューマンは英国軍が陸路で進軍するか船で進軍するか教えるためクライストチャーチにランタンを灯した。

彼らの任務が終了すると コナーとリビアはピトケアンはハンコックとアダムズを殺つもりだと警告しにレキシントンへ向かった。 After completing their mission, managing to only be confronted by the British once, Connor and Revere came to Lexington to warn Hancock and Adams that Pitcairn intended to kill them.

ハンコックとアダムズはレキシントンを去り、リビアとドーズはコンコードへ向かった。コナーはレキシントンに残りジョン・パーカーと民兵が守備を固めるのを手伝った。

戦闘編集

レキシントン・コンコードの戦いで民兵の指揮をとるコナー

指揮をとるコナー

戦いの初め、ジョン・パーカー大尉は民兵たちに発砲を禁じその場へ引きとめようとしていたがていたが、最初の銃声が聞こえると民兵たちは逃げ出した。その時パーカーはコンコードのジェームス・バレットへの手紙をコナーに渡した。 短い戦闘の後、愛国派の民兵たちは他の部隊と合流するためコンコードへ撤退。英国軍はそれを追い進軍する。

両勢力はオールドノースブリッジで再び戦闘になる。コナーは橋を守るため民兵の指揮を執り、英国軍を撤退させた。愛国派はそれを追ってボストンに続く沿道に大きな損傷を負わせた。

余波編集

勝利を祝う愛国派

勝利を祝う愛国派

戦いの結果、愛国派はレキシントンではまけたものの独立戦争における最初の勝利をおさめた。 勝利のニュースにより植民地各地は第二大陸議会に物資と人員を送り民兵たちは力を増していった。

アダムスは誰が撃ったかわからない「世界を変えた一発の銃声」は英国軍のしわざだと宣伝して支持を拡大させた。

1776年7月 アメリカ独立宣言に署名がなされアメリカ合衆国という国が誕生した。


Reference編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。