ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
Eraicon-MemoriesEraicon-Assassins



ヤマウチ・タカ(Yamauchi Taka) は戦国時代に活躍した日本人の僧侶でありアサシンである。アサシンの協力者だった徳川家康に助力し、服部半蔵とともに活躍した。

生涯[]

1582年06月 タカは半蔵から与えられた任務の情報を得るため茶屋四郎次郎清延と接触する。織田信長が明智光秀から謀反を起こされる事とその時に敵の手に渡る前に信長の持つエデンの剣を回収することがタカの任務だと清延は伝えた。

同年06月21日 本能寺の変が起こる。 タカは本能寺で信長を殺害の後、エデンの剣を手に入れ 国外へ持ち出すため中国のアサシンリウ・イェンに引き渡す。

1596年 服部半蔵が風魔小太郎に殺されたことを受け、彼の主君徳川家康はその調査のためタカに接触する。半蔵の敵は誰も暗殺できる意志も資源も持ち合わせていなかったことを知り、暗殺を主導したのは背後にいる太閤豊臣秀吉であることを突き止める。家康は秀吉を殺す機会を得るため不本意ながらも豊臣に使えている伊達政宗のもとへタカを送った。政宗を抑えたタカはそこで得た情報を頼りに1598年伏見城で秀吉を暗殺する。

秀吉亡き後、国は東西にわかれたがアサシンは東軍を支援し続けた。


1600年10月21日 関ヶ原の戦いで東軍として参戦。井伊直政の陣に加わる。直政が島左近率いる鉄砲隊の銃撃で重傷を負うと、タカは復讐と東軍の勝利を確実なものとするため島左近を討ち取った。

トリビア[]

  • 忍者の起源は南北朝時代に南朝方に味方した修験者たちであるという説がある。なので、修験での崇拝対象である天狗の面や僧衣はそれからの想起であると考えられる。

ギャラリー[]

出展[]

Advertisement