ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

ミスバ【Misbah, 1190】 は、1190年の第3回十字軍時代のダマスカスはスラム街に住んでいた男性である。テンプル騎士団と関係を持つタミールと取引をしていた為に、アルタイルから尋問を受けた。




略歴[]

 12世紀の終わりまで彼はタミールと関係を持っていた。しかしこの繋がりがアサシンの目を引くこととなった。1190年、アルタイルは厳重に守られたタミールの家に行くためにミスバを尋問するのだった。

 ローエンド・ストリートにてアサシンと対峙したミスバは、一度はアルタイルから尋問されるも、近くにいた聖ヨハネ騎士団の兵士が来たおかげで抜け出すことができた。アルタイルが兵士と戦っている間にミスバは屋根を伝って逃げるが、徐々に追いついてくるアサシンにあせった彼は脆くなった建物の上を歩いてしまった。するとその建物は崩れ去り、唯一残ったロープに必死にしがみつくのだった。宙に浮いた状態で身動きが取れなくなった彼は、ただただアルタイルの言う通りにタミールについての情報を言うことしかできなくなった。ミスバはタミールの家のテラスに最近石油が運び込まれ、それを燃やせば家に入らずとも接触できるのではないかと言うことをアルタイルに伝えた。ミスバはアルタイルに助けを求めるも、教団のためにならないとして拒否されてしまい、ロープにぶら下がったまま放置されるのだった。

豆知識[]

  • Misbah, مصباح, 「ランプ、ランタン、ライト」という意味のアラビア語の名前である。

登場作品[]

 アサシンクリード:アルタイル・クロニクルズ

関連サイト[]

 アサシンクリード:アルタイル・クロニクルズ

Advertisement