FANDOM


Eraicon-AC3Eraicon-good

30pxウィキペディアのロゴ


この記事は 戦いそのものを書いている記事で、 あなたが探しているのはメモリーの可能性があります。
"引き付けるんだ、奴らの目の白いところが見えるまで"
―イズラエル・パットナムの兵士に対しての指示[src]

レキシントン・コンコードの戦い

モンマスの戦い

バンカーヒルの戦い
戦争

アメリカ独立戦争

年月日

1775年6月17日

場所

マサチューセッツチャールズタウン

結果
  • 英国軍の辛勝
  • 英国軍がチャールズタウンを占領
交戦勢力

US flag 13 stars – Betsy Ross 植民地連合

  • コネチカット
  • マサチューセッツ
  • ニューハンプシャー
  • ロードアイランド

Kingdom of Britain - Union Jack Old 英国軍

指揮官

英国軍:

英国海軍:

  • サミュエル・グレイブス
兵力

約2,400

3,000+

死傷者
  • 死者115
  • 負傷者305
  • 捕虜30(20人死亡)
  • 合計: 450
  • 死者226 (19人の士官を含む)
  • 負傷者828 (62人の士官を含む)
  • 合計: 1,054

バンカーヒルの戦い(Battle of Bunker Hill)はまれに ブリーズヒルの戦い(Battle of Breed's Hill)とも呼ばれる。1775年6月17日 アメリカ独立戦争の初期に起こった戦闘である。


名前は植民地英国両軍の当初の目標だったバンカーヒルにちなんで命名された。この戦いの最中英国軍少佐ジョン・ピトケアンコナーに暗殺された。

予兆編集

"I don't care much for your excuses, gentlemen. We should be building on Bunker Hill. Breed's is closer to the city, but it is also closer to their artillery!"
―General Putnam explaining his reasoning to the other commanders.[src]

ボストンを目指して行軍する愛国派はチャールズタウン近くのバンカーヒルとブリーズヒルを占拠し野営していた。バンカーヒルの守備を固めるよう命令されることにもかかわらず、プレスコット将軍は、ブリーズヒルを強化するほうを選んだ。仲間のイズラエル・パットナム将軍はブリーズヒルとのほうが英国船から築く容易に登れることからその決定に反対した。

パットナムの主張どおりイギリスはその場所を砲撃し何人かの愛国派兵士が犠牲になった。サミュエル・アダムズにピトケアンを探すためパットナムに会うようにと助言されていたアサシン、コナーは砲撃の最中ブリーズヒルに到着した。パットナムの皮肉にもかかわらず集中砲火を止めるためコナーは放火にさらされるチャールズタウンを駆け抜けて、港を泳ぎ二隻の英国艦を沈めた。

一方英国軍指揮官ウィリアム・ハウモールトンズヒルに上陸したが、援軍を待つことを選択した。その結果、愛国派に丘の防備を固める時間を与えてしまった。

戦闘編集

"It seems we are well and truly at war... A pity, that. For it's a war we did not ask for. A war we did not wish... And why would we? We're killing our brothers down there - and for what? Duty? Honor? Liberty and justice as the Yanks claim? No."
―John Pitcairn speaking to his soldiers.[src]
パットナムの演説

パットナムの演説

ハウは攻撃すれば統制のとれていない大陸軍にすぐに勝利できると考えて部隊を分けた。 ピトケアンがモールトンズヒルで目撃されたと知ってコナーがブリーズヒルに戻るとパットナムは有名な「敵の目の白い所が見えるまでは撃つな」という演説をしていた。 パットナムピトケアンに近づくため、英国軍の攻撃の手が休まるのを待つかか戦場を迂回する事を提案したが、コナーは戦場をそのまま突っ切る方法を選んだ。

ピトケアンを暗殺したコナー

ピトケアンを暗殺したコナー

英国軍は組織や練度で優勢で大陸軍を集中砲火で足止めしていた。大陸軍は小さなくぼみに隠れ散発的に撃ち返していた。コナーは戦場を強行突破してモールトンズヒルをよじ登って英国野営地へ潜入。そこからコナーは誰にも見られないようにピトケアンに接近しエアアサシンで暗殺してパットナムのところへ戻った。

これまでに大陸軍は戦列を2度攻撃され撃退していた。しかし、英国軍には多くの援軍が到着し、大陸軍は弾薬が尽きかけていた。コナーが戻る頃にはすでに大陸軍の損耗は激しくパットナムによって撤退命令が出されていた。

余波編集

" I'm ordering a full retreat. We have lost too many in exchange for too little."
―Putnam to Connor[src]
ボストンを見下ろすコナーとパトナム

ボストンを見下ろすコナーとパトナム

戦いは両軍多大な犠牲を出して終わった。大陸軍はボストン周辺に戦力を集中させるため撤退した。 コナーはピトケアンから回収した手紙にはジョージ・ワシントンの暗殺計画が記されていて、パットナムに警告した。

イギリスにとっては犠牲を出し過ぎた割にあわない戦いだった。大陸軍に対して2倍以上の死者を出し、大陸軍に互角に戦えるという自身を与えて士気を昂揚させてしまった。

Gallery編集

Reference編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。