Fandom


Eraicon-AC4

トム・カヴァナー(Thom Kavanagh) (1652年~1706年) はボストンで生まれやアイータの生まれ変わり賢者である。彼は幼い時分から自分が他の人間たちとは違うと感じていた。それが彼の人生を過酷なものに変えた。カヴァナーはアサシン教団テンプル騎士団の争いに巻き込まれるうちその違いはより大きなものになっていった。

生涯編集

少年期編集

1652年トム・カヴァナーはマサチューセッツ州ボストンの中流家庭に生まれる。彼は幼少の頃よりその見た目と言動が他の子供達とは違っていて両親や他の大人たちを驚かせた。

生涯奇妙な空想に悩まされた。それは別の時代の記憶あり、その中で最も頻繁に見るのが「愛しき人」と呼ばれる女性と来る危機を回避する方法を話している場面だった。

彼は大工兼指物師のジョナサン・ダベンポート親方の弟子の一人となり指物の修行に励み、通常7年かかる修行を5年で修る。

親方の後押しを受けたカヴァナーは大工の需要の高い西インド諸島ジャマイカに向け1670年、19歳でにマサチューセッツ州を去る。


ジャマイカ編集

トム・カヴァナーは商船に乗り込みボストンから南下し、航海中苦難いあいながらもバハマへ到着した。

ダベンポートの推薦状によりジャマイカへ着いた2週間後にはカヴァナーは莫大な富を築いた有名な農場主ピーター・ベックフォードから仕事を受けることができた。カヴァナーは1673年4月にテンプル騎士ラウレアーノ・トーレス・イ・アヤラがベックフォードのもとを訪れるまで働いていた。トーレスと初めて会った時からカヴァナーは嫌な予感がしていた。夕食の席でトーレスの申し出を断り部屋に帰ったカヴァナーに「同僚が探し求め、せひとも会いたいと思っていた方に瓜二つなのです。」という手紙をトーレスはカヴァナーの部屋のドアの隙間から差し入れた。

その夜カヴァナーが空想について何時間も考えている時、窓の外から戦いの音がし寝台に身を隠した。すると彼の名を呼ぶ声が聞こえ目を開けるとアサシン、バーラムにスリープダートが打ち込まれ、トゥルムへと拉致された。


観測所編集

カヴァナーはアサシン教団のあるトゥルムにしばらく滞在し、そこで自分は歴史の中で時折現れる賢者と呼ばれる存在で観測所と呼ばれる場所の知識が自分の中にありそれをテンプル騎士団が狙っていると聞かされる。その知識を盗み出したいかと聞かれたバーラムは「あなたの秘密はあなたのものですし…貸し与えるかどうかはあなた次第です…」と答えた。数日の熟考のすえカヴァナーは観測所を探し出すためトゥルムを出発する事を知られるとバーラムと息子のアー・タバイは彼に地図とコインを渡して見送った。

13ヶ月の放浪の後カヴァナーはジャマイカ、ロングベイで観測所を発見する。そこで先住民族タイノ族の守護者たちと出会い残りの人生をそこで過ごした。

1706年彼が病気で死んだ後の遺体は観測所近くに埋葬された。

カヴァナーはその生涯を手紙に記し海へと流した。その手紙は1715年から1722年の間にエドワード・ケンウェイがカリブ海全域で拾い集め、最後の一通はカヴァナーの墓の上に置かれていた。

トリビア編集

  • メモリー君の名は?で話している時ロジャーズが「賢者はここ45年ほど目撃されていない」いったが、その場合1670年にトーレスはカヴァナーと会ったことになる。その年のカヴァナーはまだ18歳でボストンに居る。仮にこのセリフが40年なら計算は合う。

Reference編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。