ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

1790年7月12日、聖職者基本法が施行された。この法律は、神の代理人たる者達は今後、ローマ教皇ではなく、フランスと革命政府が任命すると定めていた。そして彼らへの給与は国から支払われ、その監督下に置かれた。それにより教会は、代理人達に革命への中世を確約させようとフランスの行政下に組み込まれた。この新体制を受け入れた者は、「国、法律、王に」宣誓を行うよう義務づけられた。だが多くの司祭はこれらの変化を好意的に受け止めておらず、宣誓を拒否した。教皇ピウス6世はその翌時、これを非難する旨を通達した。宣誓を拒否した者は「臣従の誓いを拒んだ」または「反逆的な」聖職者だとレッテルを貼られた。拒否した者達の多くは、ローマに忠誠を誓っていることを理由に、肉体的暴行を受けた

Advertisement