ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

第一身分を教会、第二身分を貴族とするのであれば、第三身分は「それ以外の全員」であったと言える。ここに属するのは物乞い、農民、中産階級、公証人、医師、法律家、職人、銀行家、そして学者--これらは当時、人口の約96%を占めていた*


--

*人口の96%が学者だったという、意味ではないと思う。

もしそうだったなら、洒落にならないほどふざけた時代だっただろう。2人とも、さぞ上手く馴染めたに違いない

--


「第三身分とは何か」(1789年発行)と題した小冊子の中で、シェイエスはこう記している「第三身分とは何か?全てである。今日までの政治体制の中で、何であったものか?無である。何を求めるのか?何かになることを。この身分なくして何かを為すことは叶わず、他の二身分がなければ、万事が上手く行くのだ」

Advertisement