ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

教皇の後ろ盾を利用して私腹を肥やしていたフランチェスコ・サルヴィアーティ大司教は、自分が次のフィレンツェ大司教になることを見込んで、1475年にこのトスカーナ風の別荘を買ったんだ。それから数年間、彼はこの屋敷をトスカーナ風にするための改装工事を続け、その合間にパッツィ家と共謀し、フィレンツェを牛耳るための策略を練った。その策略のせいで、屋敷でくつろぐ暇もなくあの世に行くことになってしまったのは、なんとも皮肉な話さ。

陰謀が失敗した後、彼はどうしたのか?記録によると、サルヴィアーティはあるフィレンツェの男と服を交換した。大司教の法衣をまとったこの男はなぶり殺しにされ、サルヴィアーティはまんまと別荘に逃げたそうだ。

Advertisement