ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

「東方正教会の聖職者としてふさわしくない行動」をとったとしてコンスタンティノープル 総主教に大勢の人間の前で糾弾され、面目を失うことになったロードスのキュリル は、総主教たちに復讐する計画を練ることに人生最後の10年間を費やした。彼は自分の地位を利用して教会を内部から蝕み、テンプル騎士団 の理想を実現しようとした。

かつては正教会の教えを熱心に説いていた彼だが、それは口先だけのことで、彼自身、正教会の教えを心から信じたことなど一度もなかったんだ。

Advertisement