ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

ロドリゴ・ボルジア
・誕生年:1431
・肩書き:教皇、テンプル騎士団イタリア管区長

ロドリゴ・ボルジア。通称、スペイン人。彼は歴史の闇そのものだ。テンプル騎士団の旗印のもとイタリアを統一しようともくろみ、おびただしい血が流された。彼の敵は容赦なく切り刻まれるか…運が良ければ殺だ。

教皇の座につき--ロドリゴ、いや教皇アデクサンデル6世は、その力を戦争に向け、騎士団の敵は皆殺しにした。女関係もひどかったという話だ。大勢の娼婦がひっきりなしにヴァチカンに呼ばれたという。それに娘のルクレチアまで毒牙にかけたという噂すらある。

殺人癖も生涯なおらなかった。権力をかさに贅をつくす裏で、次々と従わない相手を始末しつづけていた。テンプル騎士団の力をますます強力にするために。

動画[]

Assassin's_Creed_II_Database_Entry_-_Rodrigo_Borgia

Assassin's Creed II Database Entry - Rodrigo Borgia

Advertisement