ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

レオナルド・ダ・ヴィンチは、当時フィレンツェでもっとも成功していた芸術家の一人、ヴェロッキオの下で見習い修行を終えたあと、自分の工房を持った。

1476年から1481年にかけてはヴェロッキオと共同で作品を制作していたと考えられているが、いったい何を作っていたのかはわかっていない。1481年、サン・ドナート・ア・スコペト僧院の修道僧に初仕事を依頼され、「東方三博士の礼拝」を描くことになった。

ただし、この絵はとうとう未完成に終わった。いかにもダ・ヴィンチらしい話さ。

Advertisement