ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
Fatih Camii

ファーティフ・ジャミィ 、すなわち「ファーティフモスク」は、コンスタンティノープル 征服のすぐ後、トルコ人によって築かれた。つまり、オスマン帝 国がこの街に築いたモスクの第1号ということになる。このモスクにはちょっとした逸話がある。このモスクのドームがアヤソフィア のドームより小さいことに気づいたメフメト 2世が、建築家の気概のなさに腹を立て、その腕を切り落とした

納得がいかないのは建築家だ。彼は傷が治ると法律家たちに相談し、スルタンを訴えた。驚いたことに、裁判官たちは建築家に味方し、スルタンの腕も切り落とされなければならないという判決を下した。もちろんこの判決が実行されることはなかったが、裁判官がスルタンではなく一般市民の味方をし、なおかつ罷免されなかったという事実は注目に値するだろう

Advertisement