ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

・誕生年:1478
・肩書き:貴族

夢見がちな人間は多い。だけどビアンカ・リアリオは空想とは無縁だったろうな。1484年、ビアンカはわずか6歳の幼さでローマにあった邸宅が略奪されるのを目撃し、勇ましい母親によってサンタンジェロ城の攻囲戦に同行させられたんだ。

その後、フォルリに移住したわけだが、ここからが本当のトラウマ体験の始まりだ。父親だったジローラモが刺し殺され、素っ裸の遺体が街の広場でさらしものにされるという事件が起こったのは、 彼女が10歳の誕生日を迎えた直後のことだ。その後、またも居城が襲撃され、彼女自身、オルシ兄弟にさらわれてしまった。

このときは何とかオルシ兄弟の手を逃れ、母親のもとへ帰ることができた(どうやって逃げたかは定かじゃないが)。しかし、16歳のときには新しい父親であるジャコモ・フェロと狩りに出て、またもとんでもない現場に遭遇してしまう。ジャコモが待ち伏せに遭い、彼女の目の前で暗殺されてしまったんだ。そして1500年には、カテリーナがチェーザレ・ボルジアの虜囚になってしまう。

チェーザレは、1502年にはビアンカの夫だったアストッレ3世マンフレーディも殺してしまう。その後、ビアンカは再婚する。今度の相手は伯爵だったトロイロ1世デロッシだ。しかし結局、彼も1521年には死んでしまう。これじゃあ世をはかなむのも無理はない。彼女自身も翌年にはこの世を去ってしまったよ。

Advertisement