ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

ヤコポ・デ・パッツィ
・誕生年:1421
・肩書き:銀行家、貴族

ベルナルド・ディ・バンディーノ・バロンチェッリ
・誕生年:1453
・肩書き:銀行家

ステファノ・ダ・バニョーネ
・誕生年:1418
・肩書き:聖職者、ヤコポ・デ・パッツィの顧問

アントニオ・マフェイ
・誕生年:1450
・肩書き:聖職者

フランチェスコ・サルヴィアーティ
・誕生年:1443
・肩書き:ピサ大司教

ヤコポ・デ・パッツィ。金の亡者。パッツィ家の長であり銀行業を取り仕切っていた。ロレンツォ・ア・メディチに個人的な恨みがあったわけじゃない。テンプル騎士団の殺し屋を4人雇って代わりをさせた。

ベルナルド・ディ・バロンチェッリ。いとこが追放されたことからメディチ家を恨むようになった。昼はパッツィ家の銀行で働くが…夜は騎士団の殺し屋だ。最初の一撃を加えたのは彼だ。

冷酷非情なステファノ・ダ・バニョーネ。ローマで騎士団の殺し屋として訓練された。ロレンツォの背中を刺したのはバニョーネだ。

アントニオ・マフェイ、フィレンツェの傭兵によるヴォルテッラ破壊の責任がロレンツォにあると思い込み、復讐のため騎士団に入った。ロレンツォの首を狙ったのはマフェイだ。

フランチェスコ・サルヴィアーティ。次のフィレンツェ大司教は自分だと思っていた。その野望はロレンツォに打ち砕かれた。解決策を示したのは騎士団だった。市街へ兵を差し向けたのはフランチェスコだ。

動画[]

Assassin's_Creed_II_Database_Entry_-_The_Pazzi_Conspirators

Assassin's Creed II Database Entry - The Pazzi Conspirators

Advertisement