ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

・誕生年:1438
・肩書き:「ラ・ローザ・コルタ」の女主人

歴史書を紐解いてみても、パオラに関する情報は多くない。だけどフィレンツェの記録を調べたところ、パオラの両親は彼女が8歳のときに海で死んだことがわかった。修道院と娼館の二者拓一を迫られた彼女は、娼婦を選び街へ出た。

16歳でいったん彼女の記録は途絶える。再び記録に現れるのは20歳のときだ。街の番兵を殺害して逮捕された、とある。興味深いことに、このときの裁判で彼女を弁護し、勝訴に導いたのはジョヴァンニ・アウディトーレだったんだ。

釈放されたパオラは、路上で暮らすめぐまれない女性たちを守るため、娼館を作ってそこの経営者になったというわけだ。

Advertisement