ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

ジローラモ・サヴォナローラ
・誕生年:1452
・肩書き:ドミニコ会修道士、フィレンツェの指導者

ジローラモ・サヴォナローラ。フェラーラ出身のドミニコ会修道士で仕事熱心な男だ。彼は堕落した世の中をを許せなかった。貧富の差は激しく罪の赦しも金次第の時代だな。それでおかしくなった。

自分を神の道具と称し、フェレンツェで説教を開始し、人々は熱狂した。彼は私有財産も進歩も否定した。エデンに帰れ、知識は敵だ、が合言葉になった。〈エデンの果実〉の力で彼は前進した。

本も絵画も楽器も、すべて贅沢品として集められ焼き捨てられた。彼の力が増すにつれてフェレンツェは暗い時代へと突入していったようだ 。

動画[]

Assassin's_Creed_II_Database_Entry_-_Girolamo_Savonarola

Assassin's Creed II Database Entry - Girolamo Savonarola

Advertisement