ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

革命期のフランスでは、反革命派も複数立ち上がった。その中で最も名高く強い権力を有していたのが、フランス西部ヴァンデ地方の「ふくろう党」だった。ふくろう党は国軍への徴兵を拒み、革命派による過激な反聖職者体勢に危機感を募らせ、それに対抗せんとして挙兵した。広義的には、この「ふくろう(シュアン)」の語は、地方の反革命的な王党派思想と関連づけられるようになった*


--

*その名称はクシャミの音とも関連づけられた。

そのため誰かが「ふくろう党」について話していたのか、ただ酷い風邪を引いていただけなのかは誰にも分からなかったという

--

Advertisement