ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
ACR Darim

どちらもアルタイル・イブン・ラハドマリア・ソープ の息子で、生まれたのは1195年と1197年だ。2人はアルタイルと同じようにマシャフ で育てられ、父親からアサシン としての手ほどきを受けるかたわら、母親からは交渉術や名誉を尊ぶ心を教わった。アルタイルの子供時代と大きく違うのは、彼がアル・ムアリム による修行の一環として父親 と離れて暮らしていたのに対し、ダリムセフ は両親のもとで愛情をそそがれて育った点だ。また、アルタイルはときとして厳しかったが、忍耐強い父親でもあった。彼は、アル・ムアリムが自分を導き、他人に敬意を払うことを教えてくれたように、自分も息子たちを導き、他人に敬意を払うことを教えようと心に決めていた

セフは若くして妻をめとった。彼が若くしてこの世を去ってからしばらく後、残された一家はアレクサンドリア へ移り住んだ。13世紀前半のことだ。ダリムに子供がいたのかどうかは不明だが、おそらくはいなかっただろう

Advertisement