ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

シグマチーム再襲撃[]

午前3時21分 エジプト、カイロ ウィリアム・マイルズはシグマチームに捕らえられた

信頼[]

午前3時1分 フィラデルフィア ダニエルはオッツォ・ベルグの昇進とカイロの任務についての不満をヴィディックに電話

DATA TRANSCRIPT LEVEL 3

...........................................
Cell Tower Grid 39YP75EN
...........................................
UTC 20121212T030155Z
...........................................
[outgoing transmission]
[caller id = private]
[-] ヴィディック
[+] やっとか! 俺がどれだけメッセージを残したのか知ってるか?
[-] ダニエル、私は忙しいんだ。何んだね?
[+] どうもこうもない、俺の居ないところであの野郎をマスターにしやがって・・・
[-] 君には我々の決断を伝えたぞ。
[+] ああ、それであんたは何でリッキンが俺を会議に招かないか教えてくれた・・・
    クソ健康診断で
[ため息]でも、俺は愛想よくしてやった。マヌケを騎士団にむかえてやった
   悪態は吐かなかったぞ、アンタじゃなくイングランドのメス犬にな
[-] ダニエル
[+] クソ そんなつもりじゃなかたんだ。 だがあんたはベルグをカイロへ行かせた。
  俺より奴を信用したんだ・・・ 畜生、奴はまだ青二才だ。
    俺が何度もしそこなったことが奴には出来るのか?
[-] ダニエル、君は我々の最高のエージェントだが、すべての任務に君を送れないのだよ
  約束する、私は君の才能に全幅の信頼を置いているよ
[+] でたらめだ!
[-] 聞くんだ。君は知らない何かを教えてくれる 
[+] ん?
[-] 君がカイロに行くことを私が推薦しなかった理由は知っているのか?
[+] [沈黙]
[-] ウィリアム・マイルズは何でもない。 彼は餌だ。 それ以上ではない 
  実際そうだ、ダニエル、君にはデズモンドに集中してもらいたい 
  我々が必要な本当の目的はのは彼一人だ。
[+] [ため息] デズモンド、わかった
[-] さて、君は我々のために彼を取り戻すと約束した
[+] ああ、そうする。 当てにしてくれ
[-] いつもそうじゃないか?

[transmission ends]
Advertisement