ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement

業務日誌-第3週

控えめに言っても、戸惑うことの多い週だった。アニムスをログアウトすると、エレベーターのそばでメラニーと落ち合うようにというメッセージがあった。一緒にエレベーターに乗ってオリヴィエのオフィスに向かうも、直前で自分だけ閉めだされた。

部屋の外で待っていると、またジョンが接触してきた。防犯カメラの調整を手伝ってほしいという。これを引き受けたため、結果的にオリヴィエとメラニーの会話を盗み聞きすることに。2人はレティシアという女性と電話で話していた。どうやらアブスターゴ・エンターテイメントの重役らしい。

レティシアは<観測所>を探す取り組みにもっと力を入れろと主張した。メラニーは請け合い。オリヴィエは怒りを押し殺していた。一方、このやり取りに聞き耳を立てていたジョンは手放しで喜んでいた。シカゴで株主総会が開かれるという話題を最後に、電話は切られた。

雲行きが怪しくなったのはそこからだ。ジョンは急に怒りだし、語気荒く命令してきた。オリヴィエのオフィスに忍び込んで株主総会の日程表を盗み出せ。さもないとコンピュータと防犯カメラをハッキングしたことを暴露するぞ、と。仕方なく、テラスからオリヴィエのオフィスに忍び込み、彼のコンピュータをハッキングして総会の日程表を手に入れた。

ジョンはテンプル騎士団を罵倒していた。彼らは他のグループや「アブスターゴを支配」しているそうだ。ジョンはどこかおかしい。

また例のレベッカという女性に日程表を届けた。彼女はただの配達係ではなさそうだ。

これでジョンは落ち着いたようだ。仕事に戻っていいと言われたが、なんだか胸騒ぎがする。

Advertisement