ASSASSIN'S CREED Wiki
Advertisement
Eraicon-Assassins


アカーキ・ニニゼはアサシン教団のメンバーで、アルタイルIIのチーフエンジニアである。

経歴[]

ジョージアでの生活[]

アカキと兄のノダーは、紛争が絶えない国ジョージアで育った。ロシアシリアトルコなどの国々でアサシンの強い影響力が残されていることを知ったアカーキは、介入によって争いを終わらせようと偽りのアサシン教団の導師になることを決意する。[1]

当初は敵は恐怖におののき、現地で熱狂的な支持を得たが、アカーキの「アサシン教団」はやがてテンプル騎士団の知るところとなり、各方面からの攻撃にさらされることになり衰退していった。そしてギャヴィン・バンクスの接触を受けた偽のアサシン教団はギャビンの手引でパンキシ渓谷へと落ち延び、そこでアサシン教団とテンプル騎士団の長く続く戦争の歴史を教えられた。真実を知ったアカーキとノダーは真の同胞をジョージアに残し、アルタイルIIに乗り込み祖国での戦いよりもさらに大きな戦いに身を投じていくことになった。[1]

アルタイルIIの乗組員となる[]

2013年12月25日。他の乗組員が陰摩羅鬼組の調査を終えそれが望月冴子率いる新しい日本の教団支部であることが判明した後、アカーキは乗組員全員でクリスマスディナーを食べながらノダーがどうやって七面鳥を船に密輸して調理したのか尋ねたが、兄はニヤニヤするだけで答えようとしなかった。

そこからアルタイルIIは12月31日に東京に向けて出航し、次の旅のための物資を購入し、新年を祝った。アカーキはそこで、次のアルタイルIIでの上映会を開くために、古典的な時代劇を何本か購入した。

その後しばらくして、ギャビン、エマニュエル・バラッザエメット・リアリーの3人はロシアのアサシンガリナ・ヴォロニナから送られてきた依頼を調べるために船を降り シベリア鉄道モスクワに向かった。アカーキを含む他の乗組員全員がアルタイルIIでサンクトペテルブルクへと向かった

ガリナは彼女の母親とロシアのプロトヴィノにいる他の狂った暗殺者たちの殺害というガリナの要求に応えると、後に新しい乗組員としてアルタイアIIに加わり殺し屋として働いた。


スパイ狩り[]

モスクワでの任務の後、アカーキらアルタイルIIのクルーはギャヴィンの指示で、ウィリアム・マイルズの日誌のヒントからノルウェー隠された入り江という手がかりを見つけだし、5月1日アルタイルIIはウィリアムの居所に到着した。[2] [3]

レベッカ・クラインがアルタイルIIのシステムのアップグレードを始めたとき、船内のスパイがイニシエイツと呼ばれるグループが運営するデータベースにレポートをアップロードしていることを発見した。[4] アカーキと他の乗組員たちは、ギャヴィンとガリナを除いて、ウィリアムが尋問して疑いを晴らすまで船室に閉じこめられていた。[5]

5月11日、ウィリアムによる尋問を受けた5人目の乗組員のであるアカーキはウィリアムに自分の過去を話し、ジョージアの紛争を終わらせたいという彼の夢が自分をトップとした偽のアサシン教団を組織するという行動に駆り立て、ギャヴィンの介入によって彼のグループが完全に消滅するのを防ぎ、その後、国のために教団が正式に設立された後に暗殺団に加入したことを説明した。[1]

2015年、アーレント・シュト・カニンガムは、アルヴァーロ・グラマティカの研究室の捜索を最優先事項とみなしたウィリアム・マイルズに代わってビショップが出した指令に関してジョージアのアカーキとノダーに連絡を取ろうとした。しかし、兄弟たちは電話に出なかったので、アーレントは心配した。[6]

Appearances[]

References[]

  1. 1.0 1.1 1.2 Assassin's Creed: Initiates - Surveillance: "The Make-Believe Mentor"
  2. Assassin's Creed: Initiates – Surveillance: "Find William Miles"
  3. Assassin's Creed: Initiates – Surveillance: "Here We Are"
  4. Assassin's Creed: Initiates – Surveillance: "What's an Initiate?"
  5. Assassin's Creed: Initiates – Surveillance: "William's White Room"
  6. Assassin's Creed: SyndicateJack the RipperDatabase: Assassin Intel 2

Advertisement